採用情報

RECRUIT

スタッフインタビュー

日本電算で働くことについて私たちがお答えします。

01 セールス
スタッフ北野01
02 システムエンジニア
スタッフ安武01
03 プログラマー
スタッフ服部01

01

セールス

北野 裕

KITANO HIROSHI

1999年入社

スタッフ北野

スタッフ北野03

第二営業グループグループマネージャー兼「筆人」・「札職人」プロダクトマネージャー。 南から北まで全国各地で営業活動中。


趣味
庭いじり 釣り(最近やってないけど…) ペット(犬と魚)

出身地
鹿児島県薩摩川内市

Q. どのようなところに魅力を感じて日本電算に入社しましたか?

私が就職活動を始めた頃は、Windows95が発売されて2年程でしたが、世の中ではパソコンの普及が著しく進んでいました。その中で先駆けてソフトウェア開発の分野を手がけており、鹿児島を拠点に全国で精力的に事業を展開していた姿に惹かれて入社しました。
また、中小企業でありながら、ソフトウェアの開発から販売までを独立して行っている点にも魅力を感じました。

Q. 日々、どのような業務に取り組んでいますか?

当社のメイン商品である衛生業者向けのシステムの営業活動と、お客様のフォローを中心に鹿児島は元より九州から全国へ声がかかれば何処へでも飛んでいっています。
お客様によってご要望は様々ですが、新しい製品や技術を組み合わせた柔軟な提案を行っています。
また、営業活動だけではなくシステムの納品や操作説明も行っています。一つのことだけでなく色々なことに挑戦しています。

Q. 入社してから最もやりがいを感じた最高の瞬間を教えてください。

お客様の業務の基幹となるシステムを提案し受注から納品まで行うことで、お客様との信頼関係が築けた瞬間、システムを活用することで喜んでいただけた瞬間です。特にお困りごとやご不便に感じていたことに対して当社が改善策をご提案し、抱えていた問題が解決に向かうと喜んでいただけます。

Q. 日本電算の自慢したいところは何ですか?

自由性が高くやりたいことは率先してやらせてもらえるところです。中小企業として大きい型にはまらず、皆で考えて行こうと言えるところだと思います。また、技術グループは通常は私服で出勤しそのまま仕事を行いますので、カジュアルな格好で日中過ごすことができます。

Q. あなたが日本電算へのエントリーを検討している方の親友だったらどのようなアドバイスをしますか?

企業体で仕事をするので厳しいこともたくさんありますが、その分スキルが身に付いたり達成感を味わったりもできると思います。自由に意見を言い合える雰囲気の中で、お互いに助け合って成長することができれば嬉しいです。

 

スタッフ北野04

スタッフ北野05

Back to Top